自閉症治療の到達点 第2版

自閉症治療の到達点 第2版
書名 自閉症治療の到達点 第2版
著者名 太田 昌孝、永井 洋子、武藤 直子 編
価格 6,480円(本体 6,000円)
判・頁数 A5判・408頁
発行年月日 2015年10月25日
概要紹介
(フリーワード検索用)
「太田ステージ」「認知発達治療」の理論とその実践を集大成した本書を、研究の蓄積、実践の進展を踏まえ、大きく改訂。

 

書籍概要

 「太田ステージ」「認知発達治療」の理論と実践の集大成!!
研究の蓄積、実践の進展を踏まえた改訂版

本書は、東京大学医学部附属病院精神神経科小児部が長年の臨床経験により到達した、日本初のオリジナルな自閉症治療の理論と実践を、発達的観点からまとめている。第1版発刊から23年が経ち、太田ステージを基盤にした考え方は教育や福祉などの分野に広がり、重症心身障害児(者)施設でも活用されている。
第2版は、さらにASD研究と臨床の蓄積の現状をまとめ、薬物療法・分子遺伝学研究・脳画像研究の最新知見の紹介、治療と研究の方向性の指示など大きな改訂を行った。

関連書籍:『認知発達治療の実践マニュアル』 『StageIVの心の世界を追って』 『太田ステージによる自閉症療育の宝石箱』

書籍目次

書籍目次
 I章 自閉症の概念の変遷と診断
 はじめに
 1 自閉症とASDの歴史
 2 自閉症の定義と診断
 3 使用されている操作的診断基準
 4 DSM-5における自閉スペクトラム症の登場
 5 自閉症の鑑別診断と併存症
 6 疫学と予後
 7 自閉症の発達的認知障害
 8 思春期から青年期での変化と問題
 おわりに

II章 自閉症の治療と治療教育
 はじめに
 1 治療の組み立て
 2 治療形態
 3 治療教育
 4 認知発達治療の原理
 まとめ

III章 太田ステージの開発
 はじめに
 1 ASDの認知発達とその障害
 2 「太田ステージ評価」の妥当性と有用性
 3 我々の現在までの活動と進歩

IV章 太田ステージ評価と認知発達治療
 1 太田ステージ評価とは
 2 認知発達治療とは
 3 適応行動と異常行動

V章 太田ステージ別の認知発達治療
 はじめに
 1 認知発達治療の手順
 2 太田Stage I(シンボル機能が認められない段階)
 3 太田Stage II(シンボル機能の芽生えの段階)
 4 太田Stage III-1(シンボル機能がはっきりと認められる段階)
 5 太田Stage III-2(概念形成の芽生えの段階)
 6 太田Stage IV(基本的な関係の概念が形成された段階)

VI章 家族支援とその実践例
 はじめに
 1 「自閉症と親」の考え方の変遷
 2 障害の気づきと障害受容
 3 家族ストレスとその緩和
 4 家族支援の実践例

VII章 太田ステージの進展―共通の基盤を求めて―
 1 療育施設での活用   
 2 学校教育での活用   
 3 成人の福祉施設での活用:けやきの郷の経験を通して

VIII章 重症心身障害児(者)に太田ステージを用いた支援
 はじめに
 1 東京都立東大和療育センターにおける太田ステージ評価の実践の概要
 2 太田ステージ評価の重障者への適用
 3 重障者の認知発達段階別臨床像とグループ指導
 4 重障者への太田ステージを手がかりにした支援の実際
 5 太田ステージを応用した支援の臨床的意義
 おわりに

IX章 自閉症スペクトラム障害における薬物療法
 はじめに
 1 ASDにおける薬物療法の基本
 2 精神科薬物療法の概要
 3 ASDの併発症に対する薬物療法
 4 ASDの中核症状に対する薬物療法
 5 薬物療法の副作用と問題点
 おわりに

X章 自閉症スペクトラム障害の生物学
 はじめに
 1 分子遺伝学研究
 2 脳画像研究
 おわりに:今後の生物学的研究についての展望