エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント

エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント
書名 エッセンシャルズ WISC-IVによる心理アセスメント
著者名 D.P.フラナガン、A.S.カウフマン 著/上野 一彦 監訳
価格 6,480円(本体 6,000円)
判・頁数 A5判・630頁
発行年月日 2014年3月25日
概要紹介
(フリーワード検索用)
エッセンシャルズシリーズの四巻目。WISC-IV待望の解説書!

 

書籍概要

エッセンシャルズシリーズ第4巻
WISC-IV待望の解説書

ウェクスラー検査の研究で有名なフラナガン博士とカウフマン博士によるWISC-IVの解説書。 WISC-IVに関する基本的知識,実施,採点,解釈についての指針を詳細に初心者から熟練者を対象に提供する。
(原著名:Essentials of WISC-IV Assessment, Second Edition)

書籍目次

書籍目次
第1章 WISC-IVの紹介と展望
 ウェクスラー検査の歴史と今日的見解
 知能検査の発達史
 知能検査解釈の主な歴史
 個人内(イプサティブ)分析の利用についての継続議論
 WISC-IVの解説
 結論
 WISC-IVを理解するための文献

第2章 WISC-IVの実施法
 適切な検査実施条件
 子どもとのラポール
 特別な支援を必要とする子どもに対する実施
 実施上の留意点
 開始問題・リバース条件・中止条件
 回答の記録
 時間の測定
 クエリー
 問題のくり返し
 WISC-IV基本検査の実施ルール
 WISC-IV補助検査の実施ルール
 よくある質問:下位検査の実施

第3章 WISC-IVの採点法
 得点の種類
 得点算出手順:WISC-IVの採点法
 よくある質問:採点について

第4章 WISC-IVの解釈
 解釈の手順:WISC-IVの全ての基本検査を実施してからFSIQと指標プロフィールを分析する
 選択解釈のステップ

第5章 WISC-IVの優れた特徴と限界

第6章 WISC-IVによる臨床例
 臨床群研究およびWISC-IVを用いたプロセスアプローチの利用
 自閉症スペクトラム障害
 聴覚障害のある学生へのWISC-IVの使用

第7章 臨床的応用
 WISC-IVを用いた知的ギフテッドの判定
 特異的学習障害(SLD)の最近の操作的定義におけるWISC-IVとWIAT-IIの使用
 WISC-IVによるバイリンガル―多文化アセスメント

第8章 WISC-IVインテグレーテッド
 WISC-IVインテグレーテッドの特徴
 WISC-IVインテグレーテッドの臨床的応用
 得点比較の解釈

第9章 実例ケース・レポート
 心理査定報告書 ジェニファー・T・マスコロ博士
 心理査定報告書 ネイディーン・L・カウフマン博士
 心理査定報告書 ジェームズ・B・ヘイル博士

アペンディクスA CHC能力とプロセス定義
アペンディクスB 現在の知能検査によって測定されるCHCの能力と処理過程(プロセス)
アペンディクスC WISC-IV下位検査のg-負荷量:年齢群、全体
アペンディクスD 心理測定的、理論的、そして、量的なWISC-IVの特性
アペンディクスE WISC-IV解釈ワークシート
アペンディクスF1 一般知的能力指標(GAI)換算表:合衆国・カナダ尺度
アペンディクスF2 認知熟達度指標(CPI)換算表
アペンディクスG WISC-IVの指標に関する分析の要約
アペンディクスH 臨床クラスターの尺度表
アペンディクスI WISC-IV測定結果の教育方略と指導支援との関係

正誤表