自閉症治療の到達点3 StageIVの心の世界を追ってー認知発達治療とその実践マニュアルー

自閉症治療の到達点3 StageIVの心の世界を追ってー認知発達治療とその実践マニュアルー
書名 自閉症治療の到達点3 StageIVの心の世界を追ってー認知発達治療とその実践マニュアルー
著者名 太田 昌孝、永井 洋子、武藤 直子 編
価格 4,536円(本体 4,200円)
判・頁数 A5判・256頁
発行年月日 2013年7月25日
概要紹介
(フリーワード検索用)
高機能も含まれる発達段階StageIVの特徴と認知発達治療、そして42にまとめた発達課題の指導の進め方、教材を分かりやすく紹介。自閉症治療の到達点3。

 

書籍概要

自閉症治療の到達点3 
発達段階StageIVの特徴と認知発達治療、発達課題の指導法や教材を分かりやすく紹介

自閉症児者の認知発達の段階を評価し、その児者に合った治療教育を行う「太田ステージ」と「認知発達治療」。『自閉症治療の到達点』『認知発達治療の実践マニュアル』(StageIII-2までの135課題を紹介)刊行以後の長年の臨床経験と多くの資料に基づき、高機能も含まれる発達段階StageIV(直観的思考期)の認知発達治療と、その治療教育実践のための発達課題がまとめられた。 第7章までにStageIVの操作基準や目標、指導事例などを、そして第8章と第9章では、『認知発達治療の実践マニュアル』と同スタイルで、「StageIVの発達課題」(42課題)の指導の進め方、指導に使う教材を分かりやすく紹介している。StageIVの人たちにしっかりと向き合うことで生まれた本書は、自閉症の心の探求であると同時に、発達期の子どもの心の探求でもある。

関連書籍:『自閉症治療の到達点 第2版』 『認知発達治療の実践マニュアル』 『太田ステージによる自閉症療育の宝石箱』
 

書籍目次

書籍目次
第1章 自閉症の現在的理解
1 自閉症と自閉症スペクトラム障害(広汎性発達障害)
2 医学的所見と原因
3 働きかけ
4 おわりに

第2章 StageIVの認知発達治療
1 認知発達治療とは
2 認知発達治療の3つの次元別のアプローチ
3 認知発達治療の意義と限界への挑戦
4 太田ステージの発達的意味
5 定型発達に見るStageIVの心の世界

第3章 StageIVの操作基準と適切性の検討
1 太田ステージ評価
2 StageIVの評価方法
3 StageIVの適切性の検討
4 StageIVの前期・後期の検討
5 心の発達から見たStageIVの適切性

第4章 StageIVの心と行動と認知発達治療の目標
1 心の発達的理解と働きかけ
2 StageIVまでの発達の経過
3 StageIVの心と行動の状態
4 StageIVの認知発達治療の目標

第5章 StageIVの事例に学ぶ
1 経過の違いによる3事例の発達
2 積み上げることでStageIVに到達したA君
3 StageIVの認知構造を充実したB君
4 早期にStageIVを通過したC君

第6章 ライフステージにおけるStageIVの生活と家族
1 多様な状態を示すStageIV
2 幼児期:子どもの発達と家族
3 学齢期:学校生活に生じる諸問題
4 成人期:社会生活への適応
5 おわりに代えて

第7章 自閉症の精神医学的併存症
1 精神医学的併存症とは
2 気分障害
3 不安障害および不安症状
4 強迫性障害および強迫症状
5 チック障害
6 精神病症状
7 カタトニア
8 注意欠陥・多動性障害症状
9 てんかん
10 自閉症の治療・支援と精神医学的併存症

第8章 StageIVの認知発達治療の実践
1 認知発達治療における評価
2 認知発達治療の目標の立て方
3 認知発達学習プログラムの作成と実践
4 記録と評価
5 総合評価
6 StageIVの心の特性への配慮

第9章 StageIVの発達課題
1 StageIVの心の世界の特徴
2 StageIVの発達課題と社会生活スキル課題
 ◎StageIV発達課題インデックス
 1 視覚や言葉による随意運動の発達を促す
 2 言葉を通して表象の世界を豊かにする
 3 時間や空間の関係の理解を広げ、表象の中で観点の自由度を高める
 4 数量の概念操作
 5 イメージの世界を豊かにし表象の世界を広げる
 6 コミュニケーションをより豊かにする
 7 自我意識を育てる
付章 社会生活スキル
アペンディクス
改訂行動質問票(CBQ-R-45)
LDT-R実施手順
LDT-R図版・道具
LDT-R太田ステージ評価記録票