第37回WISC-IV知能検査技術講習会

日時 1日目:2017年5月13日(土) 9時45分~17時00分 (受付開始9時20分)
2日目:2017年5月14日(日) 9時20分~16時30分 (受付開始9時00分)  全2日間
会場 一橋講堂 中会議室 (千代田区一ツ橋2-1-2 学術総合センター2 階)   <地図>
受講料 23,760円(22,000円+税)
定員 120名
受講資格 保健医療・福祉・教育等の専門機関において、心理検査の実施に携わる方。 大学院生の方は指導教官名をご明記ください。
資格更新ポイントの付与 ・「学校心理士研修会」の単位認定。B1ポイントとして(1PB-16-265)。
・「特別支援教育士(S.E.N.S)」の資格所持者の資格更新ポイント2P(承認番号S.E.N.S 第1047号)。申込時に登録番号の入力が必要となります。
持参品 ・「WISC-IV実施・採点マニュアル」「WISC-IV理論・解釈マニュアル」(事前にお読みください。お持ちでない方は、小社心理検査販売代理店よりご購入をお願いいたします。)
・筆記用具、ストップウォッチ、受講券、学校心理士「研修会参加記録」カード(お持ちの方)
※検査用具は2人1組でご用意をしていますので持参いただく必要はございません。
お問合せ先 講習内容についてのお問合せは、こちらまでお願いいたします。
※お問合せの際は、講習会受講までの流れよくあるご質問(FAQ)もあわせてご確認ください。
その他 ・2日間の全課程修了者に「受講証明書」を後日お送りいたします。
・プログラム・講師は予告なく変更する場合がございます。

講習内容

2011年1月に発刊された日本版WISC-IV知能検査は広く使われている代表的な児童用知能検査です。前版のWISC-IIIから大きく構成が変わり、より詳しい分析が可能になりました。本講習会では、実技演習を通してWISC-IVの正しい実施の技術を身に付けていただきます。実施法の他に、採点演習、結果の処理法、解釈の手順等について、日本版WISC-IV作成者を中心とした臨床経験豊富な講師陣が直接指導いたします。

講師

松田 修 WISC-IV刊行委員
安住 ゆう子 NPOフトゥーロLD発達相談センターかながわ
両川 晃子

信州大学医学部附属病院

受講申込み

この講習会に申し込む

 

受付期間:2月23日~3月8日

抽選予定日:3月13日
受講料のお支払い期限:4月7日

プログラム

5月13日(土)
09:45 日本版WISC-IVの概要
全般的留意点
松田   修
10:45 休けい
10:55 VCI検査実施要領
留意点、類似、単語、理解
松田   修、安住ゆう子
12:15 昼休み
13:15 VCI検査実施要領
知識、語の推理
松田   修、 安住ゆう子
13:45 PRI検査実施要領
積木模様、絵の概念、行列推理
 安住ゆう子、両川 晃子
14:50 休けい
15:00 PRI検査実施要領
絵の完成
安住ゆう子、両川 晃子
15:15 WMI検査実施要領
数唱、語音整列、算数
両川 晃子、安住ゆう子
16:00 休けい
16:10

17:00
PSI検査実施要領
符号、記号探し、絵の抹消
両川 晃子、安住ゆう子
5月14日(日)
09:20 採点(VCI中心)の確認
実施の質疑応答

松田   修、両川 晃子
11:00 休けい
11:10

心理検査統計の基礎知識
結果の処理法

粗点から評価点に換算
評価点合計を合成得点に換算
プロフィールを描く
両川 晃子、松田   修

12:10 昼休み
13:10 結果の処理法
ディスクレパンシー比較
SとWの判定
プロセス分析
松田 修、両川 晃子
14:20 休けい
14:30 事例の解釈と報告書の書き方
まとめ

両川 晃子、松田 修
16:10
16:30
質疑応答
松田 修、両川 晃子