Vineland-II適応行動尺度
略称 Vineland-II(ヴァインランド・ツー)

概要・価格

Vineland-II適応行動尺度
原著者 Sara S. Sparrow, Domenic V. Cicchetti, and David A. Balla
原版出版社 Pearson
日本版監修 辻井正次、村上隆
日本版作成 黒田美保、伊藤大幸、萩原拓、染木史緒
適用範囲 0歳0カ月〜92歳11カ月
実施時間 20分〜60分
使用者レベル B
2014年発行  
価格
基本商品 マニュアル 

A4判 300ページ

16,200円

(15,000円+税)

記録用紙(20名分) 10,800円

(10,000円+税)

特徴

  • 適応行動の発達水準を幅広く捉え、支援計画作成に役立つ検査です。
  • 標準得点で相対的な評価を行うとともに、「強み(S)と弱み(W)」「対比較」等で個人内差を把握できます。
  • 検査者が対象者の様子をよく知っている回答者(保護者や介護者など)に半構造化面接を行います。
  • 対象者の年齢ごとに開始項目があり、また上限・下限を設定することにより、実施時間の短縮化が図られています。
日本版Vineland-II適応行動尺度の領域および下位領域
・コミュニケーション
・日常生活スキル
・社会性
・運動スキル
・不適応行動
・受容言語
・表出言語
・読み書き
・身辺自立
・家事
・地域生活
・対人関係
・遊びと余暇
・コーピングスキル
・粗大運動
・微細運動

・不適応行動指標
・不適応行動重要事項


  • 適応行動領域では、4つの「領域標準得点」と、それらを総合した「適応行動総合点」(ともに平均100,標準偏差15の標準得点)によって、対象者の適応行動の全体的な発達水準が分かります。それぞれの標準得点には、信頼区間、パーセンタイル順位、適応水準、スタナインの統計値が備わっています。

  • 4つの適応行動領域を構成する2〜3の下位領域では「v評価点」(平均15,標準偏差3の標準得点)が算出され、領域内における発達の凹凸が分かります。v評価点には、信頼区間、適応水準の統計値が備わっています。
  • 適応行動領域とそれを構成する下位領域はプロフィールを描くことができ、視覚的に対象者の特徴を把握することができます。
  • 下位領域の粗点から相当年齢を求めることができ、対象者の得点がどの年齢集団の平均的水準と一致するかを知ることができます。
  • 不適応行動領域では3つの「v評価点」が算出され、対象者の不適応行動の特徴を捉えることができます。

日本版刊行にあたって

 世界的によく使われている標準化された適応行動の評価尺度Vineland-IIが,わが国で刊行されました。Vineland-IIでは,0歳から92歳の幅広い年齢帯で,同年齢の一般の人の適応行動をもとに,発達障害や知的障害,あるいは精神障害の人たちの適応行動の水準を客観的に数値化できるのが大きな特徴です。比較的簡単な研修で心理や福祉の専門家が実施でき,支援の必要な行動を評価者の主観に頼りすぎることなく,客観的な形で示すことができます。実際,支援が必要な状況にある人の支援計画を立案するうえでは,どういう症状があるかということ以上に,現時点での適応行動がどうなのかを把握することが重要です。現在できている適応行動に基づくことで,支援の質と量を判断することが可能になるのです。

 Vineland-IIは医療分野だけではなく,教育や福祉分野の個別支援計画の立案,現状の支援程度評価の課題を補う意味でも,有用な情報を提供してくれるアセスメントツールです。また,アメリカ精神医学会(APA)刊行のDSM-5(2013)では,「知的能力障害は発達期における知的機能と適応機能両面の欠陥を含む障害」と診断基準が変更されました。そのため,日本においてもこれまで以上に,特に知的障害や発達障害の人たちの支援を行うためには,IQによる診断だけでなく,適応行動を把握することが重要になってくるものと思われます。Vineland-IIが個別支援計画の立案はもとより,支援効果の評価など幅広い分野で活用されることを願っています。

日本版監修 辻井 正次
(2015年1月発行 カタログより)

資料請求

ASAリーフレット

Vineland-IIの更に詳しい情報が必要な方はパンフレットをダウンロード又はご請求ください。ただし商品の性質上、一般の方にはお送りできませんのでご了承ください。

資料請求 資料請求


講演会