MMSE-J 精神状態短時間検査
Mini Mental State Examination-Japanese
略称 MMSE-J(エムエムエスイー・ジェイ)

概要・価格

精神状態短時間検査-日本版(MMSE-J)
原著者 Marshal F. Folstein, Susan E. Folstein, Paul R. McHugh, Gary Fanjiang
原版出版社 Psychological Assessment Resources
日本版作成 杉下 守弘
適用範囲 18歳 〜 85歳
実施時間 10分 〜 15分
使用者レベル B
2012年発行  
基本商品 使用者の手引 1,000円+税

(8%税込1,080円)

記録用紙(50名分) 6,000円+税

(8%税込6,480円)

価格

特徴

  • 認知障害の重症度を見出し、評価・記録するための世界的スタンダードです。
  • 短時間かつ簡単に実施ができるので、認知障害のスクリーニング検査として最適です。
  • 国際比較が必要な認知症や認知障害の研究に使えます。
  • 原版出版社(Psychological Assessment Resources)との契約に基づいて作成されています。
 MMSE-J下位検査の概要
見当識 ・・・ <時に関する見当識> 「時」に関するいくつかの質問に答える。
<場所に関する見当識> 「場所」に関するいくつかの質問に答える。
記銘 ・・・ いくつかの単語を繰り返して言う。
注意と計算 ・・・ <シリアル7課題> 暗算で特定の条件の引き算をする。
<逆唱課題> 特定の単語を後ろから言う。
再生 ・・・ 「記銘」で使用したいくつかの単語を言う。
呼称 ・・・ 日常的にありふれた物品の名称を言う。
復唱 ・・・ 教示された頻繁には使われることのない文を正確に繰り返す。
理解 ・・・ 教示されたいくつかの命令を理解し実行する。
読字 ・・・ 紙に書かれた文を理解し実行する。
書字 ・・・ 筋が通った任意の文を書く。
描画 ・・・ 提示された図形と同じ図形を書く。

MMSE-J 精神状態短時間検査 テクニカルレポート

MMSE-J 精神状態短時間検査の出版に寄せて

杉下 守弘  保健学博士、医学博士、元東京大学教授

 精神状態短時間検査(Mini Mental State Examination)はFolstein et al. によって1975年に公表された心理検査である。認知障害を見付けたり、認知障害の重症度を測ったり、経過を追って患者の認知機能の変化を追跡したりするために使用され、認知症の分野では国際的な基準テストとなっている。世界で幅広く使用されている検査といってよいだろう。
 しかし、MMSEには1つ問題がある。MMSEにはいろいろな版があり、少しずつ違っていることである。たとえば、国際的治験ではPAR社の2001年版が使用されているが、国際研究プロジェクト「アルツハイマー病神経画像戦略」ではFolstein et al. の原版に近い版が使用されている。今回、出版されたMMSE-Jはこれら2つの版を含めいろいろな版に適応できるように作成し、MMSEの 問題点を解決しており、使用範囲が広くなっている。
 MMSEは課題を実際に受検者に行わせる遂行検査である。受検者には健常者だけでなく認知症患者も含まれるので、認知症の患者にも理解しやすいように検査課題の翻訳には細心の注意をしてある。認知症の臨床、研究のみならず、認知機能の研究にも使用していただけたらと思う。特に国際的比較が必要な研究には最適である。

お問合せ

「季節の見当識」など採点基準(標準化時に用いた基準)に関するお問合せは、

こちらのフォームにご記入の上、送信してください。

資料請求

MMSE-Jリーフレット

MMSE-Jの更に詳しい情報が必要な方はリーフレットをご請求ください。

ただし商品の性質上、一般の方にはお送りできませんのでご了承ください。

資料請求資料請求