ITSP乳幼児感覚プロファイル
Infant/Toddler Sensory Profile
略称 ITSP(アイティーエスピー)

概要・価格

青年成人感覚プロファイル
原著者 Winnie Dunn
原版出版社 Pearson
日本版監修 辻井正次
日本版作成 萩原拓、岩永竜一郎、伊藤大幸、谷伊織
適用範囲 0カ月〜36カ月
実施時間 15分
使用者レベル B
2015年発行  
  価格
基本商品

ユーザーマニュアル

B5判 

10,800円

(10,000円+税)

質問票(20名分) スコア集計シート付き 10,800円

(10,000円+税)

特徴

乳幼児の感覚刺激への反応傾向を評価するInfant/Toddler Sensory Profileの日本版です。生後0カ月から使用することができます。
  • 乳幼児の保護者が質問票に回答し、検査者がスコアを集計します。
  • 質問票は、「聴覚」「視覚」「触覚」「前庭覚」「口腔感覚(7〜36カ月のみ)」のセクションに分けられ、0〜6カ月用は計36項目、7〜36カ月用は計48項目で構成されています。
  • 0〜6カ月の子どもについては4つの象限(「低登録」「感覚探求」「感覚過敏」「感覚回避」)、7〜36カ月の子どもについては4つの象限に加え、セクションごとにも評価することができます。
  • 各象限、各セクションについて、月齢群別のカットスコアを用いて3段階あるいは5段階で評価します。
  • 「低登録」「感覚探求」「感覚過敏」「感覚回避」それぞれの傾向について、どのような支援が有効かというガイドラインが示されています。
  • 1つの質問票が0〜6カ月用と7〜36カ月用で構成されており、同じ子どもに対して継時的に反応傾向の変化をみるという使い方も可能です。
  • 教育、医療、研究、福祉など、幅広い分野で、対象者の感覚処理傾向を考慮した支援を立案する際に有益な情報が提供されます。

関連検査

  • SP感覚プロファイル」(2015年3月発売)
    適用範囲:3歳〜82歳
    *対象者について、保護者などが質問票に回答し(他者評定式)、検査者がスコアを集計します。
    *象限、セクション、因子という3種の尺度で感覚を測ることができます。
  • AASP青年・成人感覚プロファイル」(2015年6月発売)
    適用範囲:11歳〜82歳
    *対象者が自分で質問票に回答する自己評定式です。
    *11歳〜82歳の対象者については、「感覚プロファイル」(他者評定式)と「青年・成人感覚プロファイル」(自己評定式)を目的や対象者の状態に応じて使い分けることができます。

資料請求

SPパンフレット

感覚プロファイル3検査の詳しい情報が必要な方はパンフレットをダウンロード又はご請求ください。ただし商品の性質上、一般の方にはお送りできませんのでご了承ください。

資料請求 資料請求